埼玉県三曲協会について

埼玉県三曲協会について

埼玉県三曲協会は、わが国古来の音楽である箏・三絃・尺八などの伝統芸能の維持・伝承と普及を図り併せて各流派の交流と会員相互の協調と親睦を深め、県民文化の向上に寄与することを目的としています。

埼玉県三曲協会について
埼玉県三曲協会会則
組織表
理事名簿
役員

会長御挨拶

埼玉県三曲協会会長 石瀬雅璋 埼玉県三曲協会は1992年に創立したまだ歴史の浅い団体ですが、現在32団体233名の会員数で活動を致しております。
 埼玉県在住の箏・三絃・尺八(三曲)の音楽に携わっている会員は、日本の伝統音楽である三曲の普及・継承・発展を目指し、各地での演奏活動や学校音楽普及活動など多くの事業を行っております。協会としては、春の研修会と秋の定期演奏会を長年主催事業として開催してまいりました。
 2017年には次世代の邦楽を担う人材育成のために、浦和において子供のためのお箏教室を開設致しました。
 また、桶川市と川口市においても当協会の理事が講師を務める子供のためのお箏教室があり、情熱的に子供達の指導に当たっております。現在は70名以上の子供達が在籍しております。
 浦和教室は、子供達の成長と将来を見据えて「埼玉県三曲協会邦楽教室」と改名し、子供に限らず大人まで幅広く通えるような教室の運営を目指しております。子供達は、将来の夢を託すことが出来る宝物です。会員一同で応援していきたいと考えています。

 2022年に創立30周年を迎える当協会の記念事業もいろいろと計画しております。決まり次第当ホームページで発表致しますので、御期待ください。

 これから会長としての任期の2年間は、全力で埼玉県三曲協会と箏曲界の活性化に貢献し、若い世代へバトンタッチしていきたいと考えております。

2021年4月
第五代会長 石瀬 雅璋

PAGE TOP