埼玉県三曲協会について

埼玉県三曲協会について

埼玉県三曲協会は、わが国古来の音楽である箏・三絃・尺八などの伝統芸能の維持・伝承と普及を図り併せて各流派の交流と会員相互の協調と親睦を深め、県民文化の向上に寄与することを目的としています。

埼玉県三曲協会について
埼玉県三曲協会会則
組織表
理事名簿
役員

会長御挨拶

四代目会長 清水和鳳本協会は、我が国の伝統音楽である、箏・三絃(三味線)・尺八の維持と普及を図り、あわせて各流派の交流と会員相互の協調と親睦を深める目的のために、平成4年に創立されました。

現在の会員数は、308名(箏246名・尺八62名)で構成されております。

埼玉県内で三曲(箏・三絃・尺八)に携わっている会員が、日本音楽の発展を考え、流派を超えて集まり、地域の文化振興に貢献する目的で活動しております。

協会主催の主な行事は、毎年11月に埼玉県内の会場で開催される定期演奏会と、三曲に関する様々な事柄を学ぶべく、年1回開催される研修会です。

また、小・中学校等、学校音楽教育への支援活動体制も整えており、埼玉県教育委員会の芸術文化ふれあい事業として、県内の各学校へ演奏家・講師の派遣を行っております。

さらに、公益社団法人日本三曲協会と連携して、子供のためのお箏教室をさいたま市と桶川市で開設致しました。現在50人近い子供たちが学んでおり、日本の伝統音楽を次世代に繋げる良い機会と考えております。

会員の多くは、定期的に演奏会等の活動を行っており、その情報も当ホームページで随時お知らせしたいと考えております。

伝統音楽に馴染みのない方にも親しみを持っていただけるよう、会員一同様々な活動をして参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

2019年6月
四代目会長 清水 和鳳

PAGE TOP